東大生の勉強方法

中学生の子供の受験対策のために個別指導塾へ行かせています。

個別指導塾を選んだ理由は、中1の時に特に数学と英語が置いてかれてしまって、みんなで受ける授業だとレベルが合わないことが多かったためです。

個別指導塾に行くようになってから数学と英語の成績も少しずつ良くなってきたので選択は間違ってなかったと安心しています。

また、先生も子供の進捗を分かっているので、「英語はまだ今のレベルに追いついていないので点数も伸びてないように見えますが、あと2ヶ月ほどで追いつく予定なので、成果が点数に出るようになります」などと、明確に状況を教えてくれるので安心しています。

最近、子供の先生に現役の東大生がついてくれるようになりました。そして、子供の勉強の仕方が変わりました。たとえば、単語の書き取りをするときに集中して何文字も書くと言うよりは、文字を発音しながら書いたり、意味を言いながら書いたりといったことをしています。

少し心配になって、「そんなやり方でいいの?」と聞いたところ、「先生が東大受験の時にやっていた方法だよ」と言われました。どうやら、物を覚えるときに、手だけを動かすのではなく、口や耳を使うほうが覚えやすいということでした。他にも、必ず夜は寝る、体も動かす、一つの単語に時間を掛けずに、すべての単語を何度も見る(書く)など・・・。脳の働きに沿った方法だそうで、結果もついてきているのでビックリしました。